借金の悩み

お金を借りずに生活できることが理想ですが、昨今の金融不安の影響から月々の生活が収入と支出のバランスを崩した状態になっている人も多くいます。新入社員のうちは手取りが少ないのは仕方ないですし、新生活が始まったばかりであれこれとお金もかかったり付き合いもあったりして少しお金が足りない!という状況は起こりやすいものです。

それが、勤続年数が上がるにつれて給与も上がりますし生活に余裕が出てくるのが今までは当たり前でした。それが、最近では勤続年数が上がっても給与が増えなかったり昇進することがなかったりすることも多いですし、それどころか会社の状況によっては待遇が悪くなってしまうこともあります。このようなときに、家賃が支払えなくなってしまったり公共料金が支払えなくなってしまったりするとどこかからお金を工面してこなければならず借金をしなければならない状況に陥ることもあります。

借金をする際には、きちんと返済できる金額を考えて借りなければならないものの、生活がままならなくなるとどんどんと借金が膨らんでしまい返済できないような金額まで膨らんでしまうこともあります。借金というのは借りた金額だけを返済すれば良いのではなく残っている借金に常に利息がついて利息分まで返済をしていきます。そのため、利息までを計算すると返済できないような金額になってしまうこともあるのです。このような状態になると返済ができないために新しい借金を作るようになったり、督促の手紙や電話に頭を悩ませるような状態が起こってしまいます。