債務整理と自己破産

借金が返済できない状態になると、一気に追い詰められたような状態に陥ります。返済のために毎月節約をしてそれでも返済が追いつかなくなると他のところから借り入れて返済をしなければならない状態に陥ります。さらに、他のところからも借り入れることができなくなってしまうと滞納をすることになり督促の手紙や電話に悩むことになってしまいます。このような状態になってしまったら、自力での返済は難しいことになってきて、法律の力を借りて返済することを検討することになってきます。

返済ができなくなってしまった借金ができてしまった場合、その債務を整理することを考えることとなり、債務整理を進めていきます。ただし、債務整理といっても中には4種類の方法があり、自分の債務の状態や仕事の状況によっても変わってきます。債務整理には自己破産、個人再生、任意整理、特定調停とあります。

自己破産をすれば、調停で免責となれば借金が全て無くなります。税金や国民健康保険は別ですが、滞納している家賃も保証人として義務も免除されます。しかし、財産は手放すことになります。借金の取り立てから解放され普通の生活が送れるようになる反面、官報に掲載されたりブラックリストに載ったり、破産終了までは就くことができない仕事があったりします。