任意整理の進め方

自己破産には債務が全て消えるというメリットがある反面、デメリットもあるために避ける人も多いです。複数の金融機関からの借り入れができていたり、利息の支払いで精一杯の状態になってしまうと返済ができるのはいつのことかわからないですし、返済自体ができるのか不安な状態になります。そこで、そのようなときには借金が減額されて返済の負担を減らすために任意整理があります。

任意整理の代表は最近テレビでよく見かける過払金請求です。すでに完済している人でも請求することができるので、借り入れがあった人は弁護士や司法書士に相談をすると返金額があることもあります。過払い金というのは、本来支払う必要がない利息制限法の上限金利を超えての支払いをしている場合には、そのような過払い金を引き直し計算という方法で確認して返済される金額や借金がどれだけ減額になるのかとういうことが計算できるのです。

参照HP・・・債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所
借金の返済について無料相談を行っている法律事務所のサイトです。

これは、取引履歴を正しく読み取ることや専門知識が必要となりますし、交渉も自分でおこなのはとても難しいために、過払い金の請求の受け持ちをしている弁護士への相談をすることが望ましいです。相談をすれば、そのあとは弁護士や司法書士がすべての手続きを金融機関との間で行ってくれますから、自分のところに取り立ての連絡がきたりすることはありません。